発表会、モチベーションを上げるには?

JUGEMテーマ:ピアノ教室/音楽教室

 

 

「小さなできた」を応援する

川口市、蕨駅東口の

おざきピアノ教室です。

 

 

今週日曜日

ミニコンサート(発表会)が

終わりました。

 

 

 

生徒さんたちは、

 

 

「上手になったところを

聴いて欲しい」

 

 

「『この曲いいね!』って

言われたい」

 

 

「ここの高音を綺麗に響かせたい」

 

 

「踊っているところを

イメージして欲しい」

 

 

など

 

 

それぞれの「〇〇したい!」を

叶えるために

練習しました。

 

 

私は

その想いを尊重し、

 

 

不安なところが無くなるように

サポートしたり、

 

 

目指す演奏に近づくよう

お手伝いするだけです。

 

 

とはいえ

最初から「〇〇したい」という

欲求が出るわけではありません。

 

 

ほとんどのお子さんが

 

 

「先生の言われた通りに

すればいい…」

 

「弾きたい曲も別にない…」

 

 

と自分で考えようとも

しなかったり

 

 

「どうせできないから…」と

 

 

最初から

諦めモードなのですが

 

 

日頃のレッスンで

 

 

「失敗してもいいんだよ」と

安心してもらったり、

 

 

「そのアイディアいいね!」と

自分なりに考えたことを

承認したり、

 

 

本人も意識していないところの頑張りを

「頑張ってたね。」と

伝えると

 

 

少しずつ

「〇〇したい!」と

モチベーションが上がります。

 

 

それでも最初は、

「〇〇したい」といっても

 

 

「え?それ⁈

ほとんど変わらないじゃん」

 

 

という

ちっぽけなものだったりしますが

 

 

そんな私の価値観はさておき

 

 

「いいよ!やってみよう!」と

応援し続けると

 

 

次第に大きなものに

チャレンジするようになります。

 

 

また

「絶対成功するもの」

にしかチャレンジしなかったのが

 

 

「できるかわからないけど、

やってみる」と

 

 

失敗を恐れず挑戦する姿は

素直に応援したくなります。

 

 

 

よく

「本番で上手くいくためには、

日頃の練習の積み重ね。」

 

 

とも言いますが

 

 

周りができることは

「応援・安心感の積み重ね」

 

 

と改めて思った発表会でした。

 

 

また親御さんにも

不安なところを伺いましたが

 

 

内心は

色々思うことはあったとしても

 

 

少なくともお子さん前では

「大丈夫です!」

「楽しみにしています!」と

 

 

応援していただけたのは

有り難かったです。

 

 

いつも長い目で見ていただき

ありがとうございます。

 

 

見学に来られた

ピアノの先生方からも

 

 

「楽しかった!」と

お褒めの言葉をいただきましたし

 

 

本番だけでなく

リハーサル写真・家族写真を

撮っていただいた

 

 

柿沼さんからも

このようにブログで

ご紹介いただきました。

 

ゆうき音楽教室

 

 

 

さ、また来年に向けて

子供たちの「〇〇したい」を

引き出せるように頑張ろう!

 

 

 

おざきピアノ教室

080-3202-3899

ozakipiano88@gmail.com

 

 

おざきピアノ教室ホームページ

 

 

お問い合わせはこちら