どうして音符覚えないの?

 

JUGEMテーマ:ピアノ教室/音楽教室

 

 

 

「小さなできた」を応援する

川口市、蕨駅東口の

おざきピアノ教室です。

 

 

 

よくあるご相談が

「うちの子、全然音符覚えないんです。

 

 

 

 

音符カードも毎日やってるし、

ソルフェージュもやっているんですが、

スラスラ弾けません。」

 

 

え〜⁉

お母さんがそんな指導を、

お家でされているのですか⁈

大変でしょう⁈

 

 

 

思わず言ってしまいました。

 

 

 

あるお母さんは、

 

 

 

「もう疲れました…。

結局親子ケンカになりますし…」

と疲弊されています。

 

 

 

「音符を覚えない…」

「スラスラ弾けない…」

 

 

 

原因は、

 

・線間の認識がない

・目の動きや筋肉が未発達

・上下の概念がない

・理解力の未発達

 

など…

 

 

 

カードは覚えたとしても、

・楽譜になると読めない。

・音符と鍵盤が結びついていない。

とか…

 

 

 

仮に1分間に100個言えても、

鍵盤感覚やフレーズ感がないと

スラスラとは弾けません。

 

 

しかも

15秒程の初見曲でも

音符の数は100個以上あります。

 

 

 

同時に左手も出てきます。

 

 

 

このように

「音符が読めない原因」

「スラスラ弾けない原因」は、

 

 

 

挙げたらキリがないくらいです。

 

 

 

そして、

よくある原因の1つが、

「覚える気がない」…

 

 

 

ピアノ自体に興味がないわけではなく、

「覚える意味を感じない」というケース。

 

 

 

実は私が、

丸暗記が苦手なんです。

 

 

 

というより、

「やりたくない」と思っています。

 

 

 

なぜならば、

考えればわかることは

「覚える必要を感じない」から…

 

 

 

例えば数学。

公式を覚えれば、

答えは覚えなくてもいいですね。

 

 

 

そもそも仕組みがわかれば、

公式も丸暗記しなくてすみます。

 

 

 

 

歴史も、

どうしてその事件が起こったのか?

経緯がわかれば、

丸暗記しなくてすみます。

 

 

 

英単語も、

元々の語源や接頭語などを理解すれば、

丸暗記しなくてすみます。

 

 

 

音符も、

「知っている音から数えればわかる」と

気づいているお子さんは、

 

 

 

矢継ぎ早に出されるカードを、

「速く数えればよい」と思っています。

 

 

 

でもそれでは、

音名の認識はできても、

スラスラ曲を弾くことにならず、

ストレスを感じます。

 

 

 

そもそも、

スラスラ弾くためには、

音名の認識は最重要ではありません。

 

 

 

譜読みで大事なのは、

 

 

 

いかに速く、

「音符の流れ=指の動き」を読み取るか?

 

 

 

です。

 

 

 

そのためにおざきピアノ教室では、

 

 

 

1音ずつ読むのではなく、

 

 

曲の仕組みを知り、

動きを読み取るレッスンを行っています。

 

 

 

そうすると、

 

 

 

弾くために必要な情報は、

楽譜に書かれており、

 

 

 

その場で読み取るだけなので

そもそも覚える必要がありません。

 

 

 

覚える必要がないので、

「忘れる」

ということもありません^_^

 

 

 

 

 

 

【スラスラ譜読みコース】開講しました。

 

【指導者向けオンライン講座開催中】

 

おざきピアノ教室

080-3202-3899

ozakipiano88@gmail.com

 

 

おざきピアノ教室ホームページ

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL