「譜読みの仕組み」ができれば、かなり楽!
0

    JUGEMテーマ:ピアノ教室/音楽教室

     

     

    「できた」を応援する

    川口市、蕨駅東口の

    おざきピアノ教室です。

     

     

     

    譜読みとは、

    「楽譜を読む」事です。

     

     

    「覚える」でもないし、

    「音符読み」でもない。

     

     

     

    では「楽譜を読む」って

    どういうことなのか?

     

     

     

    最終的には、

     

     

    「楽譜を見て、弾かなくても頭の中で

    音楽が流れ出すこと」と

     

     

    私は考えています。

     

     

     

    そこに至るまでには、

    書かれていない所も含め

    楽譜全体を読む必要があります。

     

     

     

    例えば

     

     

    ・イメージ

    ・安定した拍子感

    ・リズム感

    ・音符と音符の間の音程

    ・それを読むための目の動き

    ・指の動き

    ・鍵盤感覚(弾いた時に

      どこの鍵盤に指がのっているかの把握)

    ・鳴らした時の音・音色

    ・曲の構成

     

     

    などなど…

     

     

     

    しかもそれらが

    同時進行でできるように

     

     

     

    各項目を連結させていないと

    スラスラ譜読みは

    難しいんじゃないでしょうか?

     

     

     

    この連結が

    自然にできている方も

    いらっしゃるのですが、

     

     

     

    普通は自然にできないし、

    言った所でできるもの

    でもありませんから、

     

     

    独学では難しいと思います。

     

     

    なので

    お子さんに限らず生徒さんには

     

     

     

    この譜読みの仕組みが出来上がるまでは

     

     

     

    「上達するための練習」は

    あまりやってもらっていません。

     

     

     

    譜読みの仕組みが

    できていない状態で練習しても

     

     

     

    努力の割に効果がないので、

     

     

    自信をなくしたり

    嫌になるか、

    丸暗記になってしまいます。

     

     

    (丸暗記も、全部が悪いわけではないです…)

     

     

    弾くなら

    「できている事」で、

    遊んできていただいています。

     

     

     

    そんな各項目を養いつつ

    連結できるように

     

     

     

    普段レッスンしているのですが、

     

     

     

    この「譜読みの仕組み」ができると、

    譜読みが楽しいんです!

     

     

     

    最近、

    色々な連結ができてきたS君。

     

     

     

    「残り全部できた」と

    弾いてきていました。

     

     

     

    私も

    人が学ぶ仕組み」を知ってからは、

     

     

     

    指導の当たり外れが少なくなり

     

     

     

    S君のように

    「全部弾いてきた!」のセリフを

    聞く事が増えてきました。

     

     

     

    確かに弾けているので

     

     

     

    ・テンポを変えたり

    ・鍵盤の場所を変えたり

    ・強弱を変えたり

     

     

    と、遊びつつ

     

     

    「丸暗記なのか?どうなのか?」を

    こっそりチェックする

    おざき先生ですが、

     

     

     

    矢継ぎ早に変えてもできているし

    むしろ自分で変えています。

     

     

     

    変えるアイディアや

    変えられる力もついてきたし、

     

     

     

    変えられるということは、

    わかっているという事です。

     

     

     

    少し前までは

    1曲通せない曲もありましたが

     

     

     

    生徒さんの感性やペースに

    合わせながら

    「譜読みの仕組み」を

    身につけるようにすると、

     

     

     

    連結ができた時に

    一気に弾けるんですよね。

     

     

     

    ここまで来ると

     

     

     

    「やればできる」と

    実感する事が多くなるので、

     

     

     

    モチベーションもさらに高まります。

     

     

     

    練習したくなりますね。

     

     

     

    【スラスラ譜読みコース】開講しました。

     

     

    おざきピアノ教室

    080-3202-3899

    ozakipiano88@gmail.com

     

     

    おざきピアノ教室ホームページ

     

     

    お問い合わせはこちら

     

     

    posted by: ozaki-piano | レッスン | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.ozaki-piano.com/trackback/115
    トラックバック