「ひとりでやってみる!」と言ってもらうには…
0

     

     

     

    「小さなできた」を応援する

    川口市、蕨駅東口の

    おざきピアノ教室です。

     

     

     

    最近に始まったことではありませんが、

     

     

     

    「失敗を恐るお子さん」

    「自信のないお子さん」が

     

     

    年々増えているように感じます。

     

     

     

    そんなお子さんを

    元気にしたいから

    私はピアノ講師をしています!

     

     

     

    もちろん、

    いきなり自信満々になる事は

    ないのですが

     

     

     

    少しずつ少しずつ

    「できる!」を実感していただくと

     

     

     

    個人差はありますが、

    どんなお子さんでも

     

     

     

    「ひとりでやってみる!」と

    言ってくれます。

     

     

     

    小さな種を植え、

    そっとそっと育て

     

     

     

    やっと小さな芽が

    出てくるような…

     

     

     

    まさにそのような感覚です。

     

     

     

    本当だったら、

     

     

     

    失敗だとか、

    成功だとか、

    自信があるとか、

    ないとか、

     

     

     

    そんなこと思わずに

    「やってみよう!」と

     

     

     

    あと先考えずに

    無謀な挑戦をするのが

    子供だと思うのですが、

     

     

     

    「怪我するからダメよ」

    「ちゃんとできないでしょ!」

    「あー、それ違うよ!」

     

     

     

    なんて先回りして

    言われてしまうと

     

     

     

    「やってみよう!」

    「挑戦しよう!」なんて

    思わなくなるものです。

     

     

     

    モチベーションが上がるには

    仕組みと段階があるので、

     

     

     

    「失敗したくない」

    というお子さんからすると、

     

     

     

    「自分で考えて自主的に練習する」

    なんていうのは、

    かなり高度なことです。

     

     

     

    でも、

    「楽しいことが好き」

    「コツコツ積み上げるのが好き」

    「負けたくない」などの

    お子さんのそれぞれ価値観や欲求。

     

     

     

    その価値観や欲求を満たす課題。

     

     

     

    「できた」という成長を

    先生や親御さんではなく

    お子さん自身が感じること。

     

     

     

    得意な学習スタイル。

     

     

     

    できそう!と分析する力など、

     

     

     

    これらがつながると、

    やってみたくなるんです。

     

     

     

    だって

    自分の欲求を満たしてくれるものが

    目の前にあって、

     

     

     

    それが

    「ちょっとやればできそう」と思えば、

    誰だって手を伸ばしたくなります。

     

     

     

    そうすると全員、

    課題ではない曲も弾いてきます。

     

     

     

    あ、これは私だけの力ではなくて

    使っているピアノアドベンチャーという

    テキストにも助けられています。

     

     

     

    もちろん

    「やってみる!」芽が出てきても

    引っ込んでしまうことも多々あります。

     

     

     

    でも「子どもの可能性」

    「学ぶ力」を信じ育てると

     

     

     

    「やらないと上手にならないよ!」

    なんて義務感を押し付けなくても、

     

     

     

    「○○あげるから!」と

    ご褒美をチラつかせなくても

     

     

     

    「やってみる!」となります。

     

     

     

    そもそも

    「やらないといけないピアノ」は、

    楽しくないですしね。

     

     

     

    って、

    新米講師の私に

    教えてあげたかったです…

     

     

     

     

     

     

     

    おざきピアノ教室

    080-3202-3899

    ozakipiano88@gmail.com

     

     

    おざきピアノ教室ホームページ

     

     

    お問い合わせはこちら

     

     

    posted by: ozaki-piano | 教育 | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.ozaki-piano.com/trackback/122
    トラックバック