「答え言わないで! 今、考えているから!!」
0

    JUGEMテーマ:ピアノ教室/音楽教室

     

     

     

     

    「小さなできた」を応援する

    川口市、蕨駅東口の

    おざきピアノ教室です。

     

     

     

    私のレッスンは、

     

     

     

    改善して欲しいところは

    ズバリ指摘をせず

     

     

    気づかせるようにしています。

     

     

    確かに気づくのに

    時間はかかるけど

     

     

    よくありがちな

    「先週も言ったよね?」などと

    何度も言う事がありませんし、

     

     

     

    子ども達にとっても

    発見する楽しさがあります。

     

     

     

    先日も小1 Sちゃんが

     

     

    「ここがいつも間違えるんだよね…」

    と困った様子でした。

     

     

     

    指示ばかりされていると

    客観的に自分の演奏を聴くのが

    難しいのですが

     

     

     

    さすが今の弱点がわかっています。

     

     

    機械的な練習にはなってないね^ ^

     

     

     

    問題の場所はここ。

    この曲はト長調です。

     

     

     

     

    曲の最後は

    Iの和音(ソ−シーレ)で

    終わります。

     

     

    でも今回は

    「シ-レ」しかありません。

     

     

    そこをSちゃんは

    いつものように

    ソ-シ-レで弾いてしまうようです。

     

     

    「どうしてソシレじゃないの?

    変えるのめんどくさいんだけど…」

    質問がありました。

     

     

     

    「ソシレ全部出て来ないことも

    あるんだよ。

     

     

    例えば、

    右手がこれ(レ)だったら、

    これ(ソシ)

     

     

    これ(シ)だったら、

    これ(ソレ)

     

     

    これ(ソ)だったら、

    これ(シレ)」

     

     

    この仕組みに気づいて欲しいので

     

     

    実際、音名は言わずに

    いくつか和音を弾きました。

     

     

    でもちょっと難しかったかな…?

    考え込んでいました^^;

     

     

    ブログをお読みの皆さんは

    わかりましたか?

     

     

     

    「答え言おうか?」

    と尋ねたところ

     

     

    「言わないで!今考えてるから!」

     

     

    「んじゃ、もう1回弾くね」

    (ジャーン)

     

     

    「あーわかった!

    右の音と左の音を合わせて

    Iの和音(ソシレ)なんだ!」

     

     

    ご名答!!!!

     

     

    「面白い!」と

     

     

    楽譜の音だけでなく

    色々な組み合わせで弾き

     

     

    「他の和音だとどうなるかな?」と

    色々試しています。

     

     

    これで

    テクニック練習ができました。

     

     

    Sちゃんは

    「練習してる」なんて

    思ってないでしょうけど^^;

     

     

     

    少し手が慣れたところで

     

     

    おざき先生

    欲張ってしまいました。

     

     

    「じゃあ、どうして

    ここはソシレ全部じゃなくて

    減らすんだろうね?」

     

     

    Sちゃん、

    また色々弾き比べています。

     

     

    「音が少ない方が

    軽い感じがする…

     

     

    あーだから、

    ここは高いところで

    弾くようになってるんだ!」

     

     

     

     

    素晴らしい!

     

     

    Sちゃん

    発見・実験・検証と次々に

    「学び」が起こり

     

     

    ついには、

    作者がその音で表現したいことまで

    考える事ができました。

     

     

    迷いながら弾いていた

    オクターブ上で弾くことの

    意味もわかり

     

     

    弾きやすくなったね。

     

     

     

     

    おざきピアノ教室

    080-3202-3899

    ozakipiano88@gmail.com

     

     

    おざきピアノ教室ホームページ

     

     

    お問い合わせはこちら

     

     

     

     

     

    posted by: ozaki-piano | レッスン | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) |