【動画】弾けた後が大事!

 

「小さなできた」を応援する
川口市、蕨駅東口の
おざきピアノ教室です。

 

 

「初見力」とは、

弾いたことがない楽譜を目の前に出されて、

練習することなく、

間違えず、止まらず弾くことです。

 

 

要は、実力ですね(^^)

 

 

おざきピアノ教室では、
この「初見力」を上げる指導もしています。

 

 

そのため、次の新しい曲はたくさん練習しなくても弾けちゃいます。
ほとんどのお教室は、ここで次の曲に進みますね。

 

 

でも私は、
「弾けるようになってからが大事!」
と思っていて、

 

 

より深く、広く力が身につくように、
いろんな弾き方をしてもらいます。

 

 

そして次の曲は、ほぼ初見で弾けるという好循環を生みます。

 

 

生徒さんも、やっと弾けるようになった状態で
次々と新しい曲に進みよりも、
気持ちが楽なので、
結果的にたくさん自宅練習してもらえます。

 

 

今日の動画は、年長さんの男の子ですが、

ピアノアドベンチャーのテキストで、
「左手ラ」の音を学んでいるところ。

 

 

(実際お家では、かなり先の曲まで弾いているようです。)

あっ、親御さんには見守りをお願いしているので、

練習にはお付き合いいただいていません。

 

自力です。

 

 

楽譜通りにも一応弾けたと思ったようで、
自分で勝手にアレンジもしてきました^^;

 

 

楽譜は、左手しか出てこないのですが、
両手で弾いています。

楽譜はこちら。

 

「ラ」しか出てこない…単純です^^;

 

 

アレンジ動画では、

その右手も、1小節(4拍)ごとに動いています。

 

 

このアレンジで学べるのは、

 

 

・拍子の概念

 

・「ラ」の鍵盤が瞬時にわかる

 

・苦手な人が多い鍵盤移動ができ、テクニックが向上する

 

などです。

 

 

一見、遊びに見えますが、

 


これらを同時に行うということは、

 

 

【身体】や【耳】では、音楽を感じながら、

 

次はどこへ行こうかな?と【脳】で考え、

 

【目】は「ラ」の鍵盤を探していて

 

いろんな感覚を使っています。

 

 

この【いろんな感覚を同時】に使うことが、

今流行りの「ピアノが弾けると、頭が良くなる」秘密です。

 

 

別に、頭が良くなるためにピアノを教えているわけではないけど…

 

 


おざきピアノ教室
080-3202-3899
ozakipiano88@gmail.com

おざきピアノ教室ホームページ